葉酸欠乏症

MENU

葉酸欠乏症って?葉酸が不足するとどうなるの?

葉酸は普通の人が通常の食生活を送っていれば、不足することはあまりありません。よっぽど食生活が乱れている方だけだと思います。

 

でも、妊婦さんは葉酸の必要量が普段より多くなるので足りなくなってしまうことがあるんです。葉酸が不足すると、葉酸欠乏症になってしまいます。葉酸欠乏症とはどのような症状なのか詳しく見ていきましょう。

 

巨赤芽救性貧血

葉酸には血液を作り出すという働きがあります。だから葉酸が不足して葉酸欠乏症になると血液が必要なだけ作れなくなってしまって貧血になります。妊婦さんは赤ちゃんに酸素や栄養を血液から送るため、通常より多くの血液が必要です。

 

ただでさえ貧血になりやすいので、葉酸を不足させないように積極的に摂取することが大切です。

 

胎児が先天性の神経管欠損症になるリスクが上がる

妊娠中に葉酸欠乏症になると胎児が先天性の神経欠損症になってしまうリスクが上がると言われています。葉酸は細胞が新しく生まれるときに必要な栄養素なので、不足すると正常に細胞を作ることができなくなってしまうからです。

 

先天性の神経欠損症には二分脊椎症無脳症などがあります。先天性の病気の発症リスクを減らすためにも妊婦さんは葉酸欠乏症にならないように気を付けましょう。

 

葉酸欠乏症にならないためには

妊婦さんには葉酸がたくさん必要だということがわかりました。そして、妊娠中に葉酸欠乏症になってしまうと様々なリスクがあります。

 

だから葉酸欠乏症にならないために、妊婦さんは特に葉酸を積極的に摂取する必要があります。

 

葉酸は食事からも摂ることができますが熱に弱いという性質もあるので確実に必要量を摂るためにはサプリの利用がおすすめです。

 

葉酸と一緒に鉄分やカルシウムなど妊娠中に必要な他の栄養も摂取できるサプリもたくさんあるので、是非チェックしてみてくださいね。

 

葉酸サプリ人気15商品を比較|おすすめの葉酸サプリランキング!!