30代 40代 妊娠確率

MENU

妊娠したい30代・40代は要注意!!年を取るごとに妊娠確率が低下!

晩婚化が進み、高齢出産もあたりまえになってきて、30代・40代で妊活している女性も多いですよね。

 

でも、基礎体温をつけたり、妊娠しやすい体作りを頑張っていてもなかなか授かることができないという人も中にはいると思います。

 

それもそのはず、30代・40代と年を取ればとるほど妊娠率は低下してしまうのです。

 

妊娠率は35歳を過ぎると大幅に低下!

グラフを見たら分かる通り、25歳未満の女性の妊娠率は43%位と言われています。30〜34歳になると20%、35〜39歳では14.5%と大幅に低下していきます。

 

40歳以上になると5%になってしまうので歳を取ればとるほどなかなか妊娠できないというのはデータ上でも明らかですよね。さらに、35歳を過ぎると妊娠率の低下以外にも流産や先天異常、ダウン症などのリスクが高くなるということも分かっています。

 

高齢妊娠・出産はなかなか授かれないばかりでなく、リスクもつきものです。だからこそ30代40代で妊活をする女性は産婦人科に通う、妊活サプリで積極的に妊娠力を高めることが大事です。

 

妊活サプリには高齢出産のリスクを下げてくれる効果もあり!

妊活サプリのほとんどに含まれている葉酸は妊娠してから胎児の先天異常を防ぐ働きだけでなく、卵子や精子の染色体異常のリスクを下げると言われています。

 

子宮の壁を厚くして妊娠しやすい環境を作る働きもありますから妊活中に葉酸をサプリで効率よく摂ることは大きな効果が期待できるのです。

 

その他にも優秀な妊活成分はたくさんあります。妊娠力が低下している30代40代だからこそサプリの力で赤ちゃんを授かりやすい体作りをサポートしてもらいましょう。