流産 予防

MENU

流産を予防する!!葉酸&ビタミンEが流産のリスクを軽減してくれる!

 

葉酸とビタミンEには流産を予防する効果があると言われています。その理由は血行を促進してくれる働きと黄体ホルモンの分泌を活発にしてくれる働きがあるからです。

 

流産の原因と葉酸&ビタミンEの効果について紹介します。流産の経験がある方、高齢出産で流産に対して不安がある方は参考にしてください。

 

なぜ流産してしまうの?

流産の原因は様々です。初期流産の、一番大きな原因と言われているのが染色体異常です。染色体異常の卵子や精子、受精卵は着床しても途中でほとんど流産してしまいます。

 

また子宮内膜が薄くて、受精卵の着床力が弱く、着床できない場合にも流産になってしまいます。染色体異常と着床力の弱さのリスクを減らしてくれるのが葉酸なのです。

 

葉酸は染色体異常のリスクを下げる効果がある

 

葉酸は卵子や精子、受精卵の細胞分裂を正常に行うサポートをしてくれます。つまり、染色体異常のリスクを下げる事につながるのです。

 

染色体異常のリスクがさがり、先天性異常も防いでくれるので葉酸によって流産してしまう女性はかなり少なくなるのではないでしょうか。

 

【おすすめ】葉酸は食べ物からは摂取しずらい?葉酸が多く含まれる食品

 

葉酸とビタミンEの造血作用で子宮がフカフカに

 

葉酸の造血作用とビタミンEの血行促進作用で子宮内膜は厚くなり、フカフカのベッドが完成します。受精卵が着床するのにふさわしい環境を作ることができるので、葉酸とビタミンEは着床不良による流産のリスクを減らすことができます。

 

また、着床がうまくいかない原因となる黄体ホルモンの分泌不良についてもビタミンEを摂ることで黄体ホルモンの分泌を活発にして、着床しやすくしてくれます。

 

葉酸とビタミンE以外の流産の予防方法は?

妊娠初期の流産はなかなか自分では予防することができません。

 

葉酸とビタミンEを摂取すること以外での予防方法としてはストレスを溜めすぎないことや栄養をしっかり摂ること、体を冷やさないこと、妊活中からお酒やたばこは控えることなどが挙げられます。

 

妊娠している方のうち4人に1人は流産しているというくらいです。防ぎきることはできないかもしれませんが、流産対策としてできることはやっておきたいですよね。

 

葉酸とビタミンEを積極的に摂取して流産を予防!

 

葉酸とビタミンEには流産を予防する働きがあります。食事から摂ることも不可能ではありませんが、ほうれん草だと2.5kgも食べないと1日に必要な葉酸を摂取できません。

 

効率良く葉酸とビタミンEが同時に摂取するにはサプリメントを利用するのがオススメです。妊活向けサプリの中には葉酸とビタミンEを同時に摂れるものもあるので、サプリ等を上手に使いながら、葉酸とビタミンEをしっかり摂取して流産を予防しましょう。

 

【おすすめ】葉酸とビタミンEを同時に摂取できる妊活サプリ⇒ベジママ