妊娠中 飲み物

MENU

妊娠中に飲んじゃいけない飲み物って?コーヒーやお酒はダメ?

妊娠中は食べ物や飲み物に気を遣う人も多いと思います。よくコーヒーやお酒はダメと言われていますが、それ以外にもこの飲み物は飲んでも大丈夫?って心配になるものがあると思います。

 

こちらでは妊娠中にこれ飲んでも大丈夫?って悩んでしまう飲み物をピックアップして紹介していきます。

 

この飲み物飲んでいい?ダメ?

■お酒は絶対に飲んではダメ!

妊娠中にアルコールを摂取することは絶対にしてはいけません。

 

アルコールは胎盤を通して胎児に届いてしまい、
胎児の発育に悪影響を与えてしまう可能性が高いので絶対にやめましょう。

 

■カフェインは一日200mg以内に!

コーヒーはお酒のように一滴も飲んでいけないというわけではありませんが
一日1〜2杯程度に抑えるようにしましょう。

 

コーヒーにはカフェインが含まれていますよね。
胎児はカフェインを排出する力が弱いので飲み過ぎてしまうのは
胎児の成長を妨げてしまうのでよくありません。

 

コーヒーに限らずカフェインの含まれている飲み物は控える癖を付けましょう。
カフェインと言えばコーヒー!というイメージですがウーロン茶や煎茶、紅茶、コーラなどにも
カフェインは含まれているので気を付けましょう。

 

■炭酸飲料の糖分とカフェインも要注意

炭酸そのものは問題ありませんが、炭酸飲料に含まれている糖分やカフェインには要注意です。

 

コーラや甘い炭酸飲料はなるべく控えるようにしましょう。
また、エナジードリンクは特にカフェインが多いので、飲まないほうがいいですね。

 

■青汁での栄養分の過剰摂取にも要注意!

青汁は一見妊娠中の栄養摂取に良さそうですが、
ビタミンAや葉酸、カリウムを過剰摂取してしまう危険性があります。

 

妊娠中は青汁ではなく、葉酸サプリ等で必要な栄養素をバランスよく摂取する方がおすすめです。

 

■牛乳・麦茶・タンポポ茶はおすすめ!

妊娠中に飲むものとしてオススメは牛乳などの乳酸菌飲料、ノンカフェインの麦茶やたんぽぽ茶!
妊婦さんに嬉しい効果がたくさんある特にタンポポ茶がおすすめです。

 

コーヒー好きな方ならノンカフェインのたんぽぽコーヒーなどを選びましょう!