妊娠中 葉酸

MENU

妊娠中に葉酸を摂取するように言われるのはなぜ?

妊婦さんは産婦人科や、市役所で母子手帳をもらうとき等に葉酸サプリを使って、積極的に葉酸を摂取するように言われますよね。

 

妊娠する前までまったく馴染みのなかった葉酸という成分が、なぜ妊娠中に葉酸を摂取した方がいいのか?

 

葉酸の働きと効果について紹介していきます。

 

葉酸は赤ちゃんの先天異常のリスクを減らしてくれる

赤ちゃんはおなかの中で成長するときに細胞分裂を活発に行います。その細胞分裂が行われるときに使われる成分が葉酸

 

葉酸を妊娠初期から摂取するように言われるのは、赤ちゃんの脊椎や脳などの大事な部分が形成されるのが妊娠初期だからです。

 

葉酸の摂取量が少ないと神経管閉鎖障害無脳症といった先天異常を引き起こすリスクが高まると言われていますが、1日400μgの葉酸を摂取することでそのリスクが72%軽減するという結果が出ているんです。

 

葉酸は妊娠初期の赤ちゃんの発達にとても大切な成分だというわけです。

 

葉酸をしっかり摂っている妊婦さんと不足している妊婦さんでは、発症リスクが大きく違うということです。赤ちゃんが健康で生まれてくるためには出来ることは何でもしてあげたいですよね。

 

葉酸は妊娠前から摂取しておくことが理想

上記でも伝えましたが、おなかの中の赤ちゃんの成長過程で葉酸が特に必要になるのが妊娠初期。ですが、より効果を得るためには妊娠1ヶ月前から摂取しておくのが理想です。

 

これから妊活を始める方や第2子出産を考えている方は、葉酸をサプリでしっかり摂っておくことで、葉酸の「先天異常のリスクを減らす」という効果を最大限に利用することができるはずですよ。

 

また、葉酸には造血作用もあるので子宮の壁を強くしてくれる効果や精子・卵子の染色体異常のリスクを減らす効果もあります。子宮の壁が強くなると、着床力も高くなりますから、葉酸には赤ちゃんが授かりやすい体にしてくれる効果もあります。

 

ぜひ妊娠してからではなく妊活中から葉酸サプリを使用しましょう。

 

人気15商品を比較!!葉酸サプリおすすめランキングに戻る