妊娠中

MENU

妊娠中に関する知識まとめ記事一覧

 

妊娠中の喫煙は赤ちゃんに悪影響を与えるので絶対にやめましょう。後で後悔することの内容に、妊娠中の喫煙がお腹の中の赤ちゃんに与える影響を紹介します。妊娠中の喫煙が赤ちゃんに与える悪影響はたくさん!【流産・早産のリスクを高める】流産のリスクは喫煙者は非喫煙者の2倍を超えるそうです。早産率も喫煙者は非喫煙者の1.5倍になります。赤ちゃんをお腹の中で順調に育てていくためにも妊娠中の禁煙は大切なことなのです...

 
 

妊娠中に飲酒をすることお腹の中の赤ちゃんに悪影響を与えますから絶対にやめましょう。少量なら良いと言う意見もありますがどのくらいの飲酒量で胎児に影響が出るかははっきりしていません。健康な赤ちゃんを産むためには徹底的な禁酒が必要です。妊娠中の飲酒が胎児にどんな影響を与えてしまうのか紹介していきます。アルコールは直接赤ちゃんに届く妊娠中の女性が飲酒をすると、摂取したアルコールは胎盤をとおってお腹の中の赤...

 
 

妊娠中は「カフェインを摂るのはいけない」と言われていますよね。でも、妊娠前まで習慣的にコーヒーなどを飲んでいた方にとって、妊娠したからと言って、急に「コーヒーは飲んじゃダメ!って言われてもツラいものがあります。なぜ、カフェインを摂ってはいけないのか?その理由の一つが、カフェインを1日200mg以上摂取する女性と、しない女性とでは、2倍近くも流産の発生率に差が出ます。カフェインが妊娠中のママやおなか...

 
 

葉酸とマカは妊活効果のある成分として有名です。「どちらの成分を取ったほうが妊娠しやすくなるのかなー?」って悩んでいませんか?積極的に妊活をするなら葉酸の方を優先的に摂取しましょう。葉酸をしっかり摂った上でさらにマカの効果を摂りいれるという使い方が良いと思います。葉酸とマカの効果と、なぜ優先順位が葉酸の方が上なのかを紹介します。葉酸は胎児の先天異常を防ぐ効果がある!葉酸には胎児の先天異常を防ぐ効果が...

 
 

妊娠中の女性に葉酸の摂取が呼びかけられている理由の一つに神経管閉鎖障害のリスクを減らすということがあります。神経管閉鎖障害について詳しく紹介します。神経管閉鎖障害って何?神経管閉鎖障害というのは、赤ちゃんがお腹の中にいるときに起こる先天異常のことです。脳や脊髄などの神経管が作られる妊娠4〜5週頃に胎児の細胞分裂が正常に行かなかったことが原因と言われています。神経管の下部に閉鎖障害が起きると、二分脊...

 
 

妊娠中は葉酸をしっかり摂取することが必要です。葉酸は緑色の野菜に多く含まれているということで青汁でも摂ることができるんじゃないか?と思う人もいるかもしれませんね。妊娠中に必要な葉酸を青汁で摂ることは問題ありません。でも葉酸摂取に青汁を使用するなら気を付けたいことがいくつかあります。妊娠中の葉酸を青汁で取る時に気を付けたい3つのことについて紹介します。ビタミンAの過剰摂取青汁は豊富な栄養素が魅力です...

 
 

30代後半〜40代での妊活では葉酸サプリで葉酸を摂取することは必須です!妊娠力が低下しているので、葉酸のもつ妊活効果で妊娠しやすい体作りをする必要があるからです。葉酸が妊活に与える効果を紹介します。葉酸が妊娠に与える2つの嬉しい効果妊娠しやすい環境を作る葉酸には子宮を妊娠しやすい環境にする効果があります。葉酸の造血作用によって、子宮にしっかりと血液が行きわたり、子宮内膜の壁を厚くすることができます...

 
 

妊娠中の体の変化の一つとして便秘や下痢など胃腸のトラブルがあります。特に妊娠初期の便秘は悩んでいる妊婦さんも多いんですよね。妊娠する前は便秘と無縁だったという人も妊娠を機に便秘になってしまう事もあります。なぜ妊娠すると便秘になりやすいのか原因と対策を紹介したいと思います。どうして妊娠すると便秘になるの?妊娠初期に便秘になりやすいのにはいくつかの原因があります。妊娠によるホルモンバランスの変化妊娠に...

 
 

「妊娠してから、なぜか下痢になった…」と悩んでいませんか?妊娠の初期症状で下痢になる妊婦さんは結構います。妊娠すると黄体ホルモンが増えることによって、ホルモンバランスが崩れるのが原因ですが、人によっては「葉酸サプリ」が下痢の原因になっている可能性もあるんです。なぜ葉酸サプリで下痢になる?葉酸自体は下痢とはまったくの無関係なんですが、あなたが飲んでいる葉酸サプリの中に「鉄分」が入っていませんか?実は...

 
 

「妊娠してから夜寝れなくなった!」という妊婦さんって意外と多いんですよね。妊娠中の不眠対策にはどんなことをするのが効果的なのか、紹介していきます。@抱き枕でベストポジションを見つける妊娠中はお腹が大きくなるにつれて、体のバランスがそれまでと大きく変わります。だから、横になっていてもなんだかしっくりこなくて落ち着かないということって結構有るんですよね。妊娠中、お腹が大きくなってからはうつ伏せはもちろ...

 
 

妊娠中は薬の使用にも敏感になりますよね。妊娠中の薬の使用に関するQ&Aを紹介していきます。妊娠中の薬に関するQ&A妊娠中に風邪薬を飲んでも大丈夫ですか?妊娠中の風邪薬の使用については、時期と薬の種類によっては赤ちゃんに影響を与える場合があるので注意が必要です。特に抗ヒスタミン成分は大量に服用すると胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。主に解熱鎮痛剤などに含まれるイブプロフェンも胎児の心臓に影響を与...

 
 

妊娠中に摂る栄養は、お腹の中の赤ちゃんに影響を与えます。だから、妊娠中にはあまり食べない方が良い食べ物を知っておきたいという人は多いですよね。お腹の中の赤ちゃんを健康に育てるためなら好きなものでも我慢できる!という妊婦さんは、もう立派な母親です。妊娠中に避けたい食べもの10選を紹介します。@刺身・寿司妊娠中は免疫力が下がっていますから、生のお魚を食べて食中毒になってしまう可能性が上がります。食中毒...

 
 

妊娠中は肌荒れが起きやすいと言われています。特に妊娠初期から中期にかけては急な肌荒れに悩んでいる人も多いみたいですね。妊娠中の肌荒れの原因とよく起きる3つの症状について紹介していきます。妊娠中の肌荒れの原因は何?妊娠中の肌荒れの原因の多くが体の中のホルモンバランスの変化だと言われています。赤ちゃんをお腹の中で育てるために黄体ホルモンが増えると、ホルモンバランスは乱れます。ホルモンバランスの乱れはお...

 
 

妊娠中は体重管理がとても大切です。産婦人科でも厳しい体重指導が入るところが多いですよね。妊婦さんの体重の目安と体重の増えすぎ、痩せすぎによるリスクについて紹介します。妊婦さんのBMIとBIMの測り方を紹介!まずは、妊婦さんのBMIと、理想の体重増加がどれくらいなのかを紹介します。BMI18未満(痩せている)・・・理想の体重増加は10〜12kgBMI18〜24(標準)・・・理想の体重増加は7〜10k...

 
 

妊娠中、多くの妊婦さんが苦労するのが体重管理です。お腹の赤ちゃんが成長することで体重が増えてしまうのはしょうがありませんが、妊娠中の体重管理を怠ることで産後に一気に体形が変わってしまう方もいらっしゃいます。こちらでは妊娠中の体重をコントロールするための4つの秘訣を紹介します。体重を定期的に図る体重計に毎日乗るだけでも意識が違ってくるので妊娠中の体重増加を抑えるのに効果的です。体重の増加は1か月1キ...

 
 

妊婦さんの約7割以上にできてしまう妊娠線。妊娠中、できないように気にしているママも多いですよね。妊娠線は、予防しないと目立つ場合があるので、お腹が大きくなってくるちょっと前からしっかりと対策をしていきましょう。妊娠線ができる原因と予防方法について紹介します。妊娠線ができる原因は急激な体重増加妊娠線ができてしまう原因は、急激な体重増加によって皮膚が急激に伸びてしまうためです。人間の皮膚は表面は体重増...

 
 

妊娠中、心配になるのが妊娠中毒症。むくみや頻尿などの症状が出て、「もしかしたら妊娠中毒症かも?」と思っている人もいるかもしれませんね。妊娠中毒症にはどんな症状があるのかや、どんな予防をすればいいのかを紹介していきます。チェックしておきたい妊娠中毒症の自覚症状妊娠中毒症は、妊婦検診での高血圧や尿たんぱくなどを指摘されて発覚されることが多いですが、自覚症状が出て気づくという人もいます。妊娠中毒症の自覚...

 
 

妊娠中は免疫力が下がるので、風邪をひきやすい状態になります。とはいえ、妊娠初期に風邪を引いてしまったら、「赤ちゃんに影響があるんじゃ…」と不安になってしまいますよね。薬を飲んでも良いのかどうか悩む人も少なくないと思います。妊娠初期の風邪が胎児に与える影響や、対処法などを紹介していきます。風邪が胎児に与える影響は?妊婦さんの風邪は軽度であれば胎児に影響を与えることはほとんどありません。ですから、あま...

 
 

出産後におなかや腰回りにお肉がついておばさん体型になってしまう「産後太り」。妊娠中から気になっている人は少なくないと思います。「産後太り」にならないためにはどんな予防をすればよいのでしょうか?産後も綺麗なママでいるための、産後太りの予防法を紹介していきます。産後太りの原因は?妊娠に伴って増えた体重は産後にすべて減るわけではありません。産後は、胎児・羊水・胎盤の分だけしか体重は減らず約5kg程度。残...

 
 

安産で産みたいという願いはすべての女性に共通するもの。でも、出産は安産ばかりではありません。分娩が難しい場合や、初産で30時間以上、経産婦で15時間以上、出産に時間がかかる難産は本当に大変なものです。難産になりやすい人の特徴にはどんなものがあるのでしょうか?難産にならないための予防策も含めて紹介していきます。難産になりやすい人の特徴は?1.太り過ぎ元々太っている人や、妊娠中に太りすぎてしまった人は...