妊娠5カ月 症状 準備

MENU

妊娠5カ月目|16〜19週目の症状や準備しておくこと

 

妊娠5か月目に入ると一般的には安定期と呼ばれて妊婦さん自身も落ち着いて過ごすことができます。妊娠16〜19週目の症状や準備しておくことを紹介します。

 

妊娠5か月目の症状は?

・安定期に入って快適なマタニティライフが送れる
妊娠5か月目は安定期と呼ばれます。お腹の中の赤ちゃんも順調にすくすくと大きくなっている時期で、ママの精神面も安定していきます。

 

安定期に入るとつい無理をしてしまう人も多いのですが、安定期というのは妊娠初期や後期に比べると落ち着いているだけであって無理をしても大丈夫というわけではありません。疲れない程度にマタニティライフを楽しみましょう。

 

・胎動を感じる
妊娠5か月目くらいから赤ちゃんの胎動を感じる人が多いようです。お腹の中に赤ちゃんがいる実感がいまいち沸かないという人でも、赤ちゃんの存在を強く感じることができます。

 

胎動で赤ちゃんと会話ができるのは妊娠中だけなので、一心同体の幸せな時期を思い切り感じてくださいね。

 

・むくみやすくなる
妊娠5か月目になると、おなかも大きくなって下半身が圧迫されます。全身の血流も悪くなるので、むくみを感じることも多いでしょう。

 

特に脚はむくみやすくなって、むくみがひどいと夜眠れないという人も居ます。脚のむくみが気になる時には、横になったときにクッションの上に足を置くとむくみが少し解消されて楽になったりしますよ。

 

・お腹のふくらみが目立ってくる
妊娠5か月目に入ると、おなかが急に大きくなったのを感じる人が多いでしょう。それまでは、妊娠前に着ていた洋服が着られていたという人もマタニティウェアじゃなければきつくなってくる時期ですね。

 

周囲にも妊娠に気づかれて祝福されることが多くなりそうです。

 

・貧血が起こりやすくなる
赤ちゃんのためにたくさん血液が必要になるので、母体は貧血気味になります。鉄分を多く含む食材を使った食事を心がけたり、鉄分の入ったサプリ等を利用して貧血を予防できると良いですね。

 

出産時に貧血の場合は産婦人科が鉄剤を処方してくれることも多いようです。

 

妊娠5か月目に準備すること

・マタニティウェアの準備
妊娠5か月目になると、普通の洋服ではお腹の周りがきつくなってきます。これからさらに大きくなるお腹の為にもマタニティウェアをいくつか準備しておくと良いでしょう。

 

・鉄分を積極的に摂取
妊娠5か月目から後期にかけては貧血になりやすいので、貧血予防のためにも鉄分を積極的に摂取することが大切です。

 

食事から摂るだけだと足りているか心配という人は病院で鉄剤を処方してもらったり、鉄分入りのサプリを使用するのもおすすめの方法です。

 

・安定期のうちにできることをしておく
産後は、やりたいことが思うようにできなくなってしまいます。安定期に入り、赤ちゃんの状態もママの状態も落ち着いているうちにやりたいこと、できることを思い残すことのないようにしておきましょう。

 

例えば引っ越し。引っ越しは赤ちゃんが生まれてからだととても大変です。安定期の間にできるように計画を立てましょう。

 

また、マタニティフォトを取ったり、マタニティ日記をつけたり、マタニティの時の思い出を残しておくのも素敵ですよね。パパとの二人の時間を大切に、デートをしたり、出産前最後の旅行をしたりするのもおすすめです。

 

旅行に行くときは、遠出はせずに近場にする方が安心です。何かあった時のために近くの産婦人科を調べておくと良いでしょう。結婚式がまだ、という人は産後は忙しくなってできなくなる可能性も高いので安定期に挙げられると良いですよね。

関連ページ

妊娠2ヶ月目|4〜7週目の症状や準備しておくこと
妊娠2か月目に起こる症状とどのような準備をしておけばいいのかを説明しています。
妊娠3ヶ月目|8〜11週目の症状や準備しておくこと
妊娠3カ月目(8〜11週目)の症状や準備しておくことについてまとめました。初めての妊娠で不安・心配なことがあると思います。こちらを参考にしてください。
妊娠4カ月目|12〜15週目の症状や準備しておくこと
妊娠4カ月目(12〜15週目)に起こる症状や準備しておくことについてまとめています。初めての妊娠で不安に思うことがあれば確認してください。
妊娠超初期に起こる10症状!!もしかしたら妊娠してるかも?
妊娠超初期に起こる症状をまとめて紹介します。「もしかして妊娠しているかも…」と感じたらこちらを参考に妊娠の可能性について確かめてみてください。