太っている 妊娠しにくい

MENU

太っている人はなぜ妊娠しにくい?妊活中にダイエット

 

太っている人が妊娠しにくい理由は色々あります。まず考えられるのは体内環境です。
太っていると血の巡りが悪いので冷えやすく、妊娠力が下がります。

 

冷えは妊活の大敵ですよね。

 

また、肥満の人に多い高カロリーで偏った食事は、ホルモンバランスの乱れを引き起こし生理周期を不安定にするといわれています。

 

太っていることだけでなく太りやすい食生活も妊娠力の低下に関わってくるのです。

 

さらに、内臓脂肪が増えることで、卵子がうまく育たなかったり排卵障害を引き起こしやすくなり、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)になるリスクも上がります。

 

太っている人すべてが妊娠しにくいというわけではありませんが、肥満は不妊の原因の一つになることが多いようです。妊娠力をアップさせるためにも適正体重に近づけることが大切です。

 

妊娠しやすい適正体重と妊活中におすすめのダイエット方法を紹介していきます。

 

妊活中の適正体重は?

妊活中は、妊娠しやすい体を作るためにできるだけ適正体重に近づける必要があります。
適正体重は、体の各機能が一番効率よく正常に働くことができる体重ともいえます。

 

妊活にも大きな影響を与えますから、自分の適正体重を正しく知っておきましょう。

 

適正体重は身長(m)×身長(m)×22で計算することができます。
BMIをできるだけ「22」に近づけるようにしましょう。

 

妊活中にダイエットしてもいいの?


適正体重に近づけることも妊活の一つですが、妊活中の過度なダイエットはかえって妊娠力を低下させてしまう恐れがあります。

 

特に、食事制限などを行って、栄養がバランスよく摂れない状態が続くと、体の機能は正常に働くことができなくなります。

 

妊娠に関わるホルモンの分泌が悪くなったり、体全体に十分な栄養がいきわたらず、血流が悪くなったりすると、どんどん妊娠しにくい体になってしまうので要注意。

 

妊活中は、食事制限によるダイエットはしないようにしましょう。

 

妊活中におすすめのダイエット方法を紹介します

 

ストレッチで代謝を上げる

ストレッチは、痩せやすく太りにくい体質を作るのには最適です。
血流を良くして代謝をアップしてくれるので、ダイエットしながら妊娠しやすい体づくりもできて、一石二鳥ですよね。

 

ストレッチで大切なのは、無理なく続けることです。
就寝前などにストレッチをする時間を作り、習慣化させましょう。

 

長い時間行う必要はありません。無理なく続けられる内容でやってみましょう。
余裕があればストレッチと併せて、ウォーキングや水泳などの適度な運動をするのも効果的です。

 

栄養バランスの摂れた食事を心がける

食事制限をするのではなく、食事の内容に気を付けることで、健康的に痩せることができます。
暴飲暴食は控えて、なるべく毎日、朝昼晩の食事を同じ時間帯にとれるようにしましょう。

 

不足しがちな野菜を積極的に摂るようにして、栄養バランスの摂れた食事を三食きちんと食べることが妊活中のダイエットにはとても大切です。

 

サプリメントや酵素ドリンクなどを利用

サプリメントを利用して、葉酸やミネラルなどの栄養をバランスよく摂りいれることで、体質改善をすることができます。

 

冷え性の人は温め効果のある成分配合のサプリを飲んでみたり、便秘気味の人は腸内環境を整える効果のあるサプリを飲んでみると、ダイエット効果につながるかもしれません。

 

妊活中でも安全に利用できるサプリメントを選びましょう。

 

また、酵素ドリンクも妊活中のダイエットにはおすすめです。
酵素の力が妊娠しやすく痩せやすい体へと導いてくれるはずですよ。

 

妊活中は適正体重を目指して健康的にダイエットしましょう

「太っているせいで妊娠しにくくなっているかも?」という人や、「妊娠しやすい体重に近づきたい」という人は、まずは自分の適正体重をしっかりと知ることから始めましょう。

 

適正体重を目指してダイエットをするときは、食事を制限して痩せるのではなく、生活習慣を改善して健康的に痩せられるように心がけてください。

 

「痩せなきゃ」というプレッシャーはストレスになり、妊娠力を低下させる原因にもなります。
妊活中はストレスを溜めない程度にポジティブな気持ちでダイエットすることも大切ですよ。

 

妊娠できなくて悩んでいる方はこちらも見ています
妊活向けの葉酸サプリでおすすめなのはコレ!!15商品を比較