痩せている 妊娠しにくい

MENU

痩せている人が妊娠しにくい原因は?太れない人が太るには?

 

体は生命維持をするためにエネルギーを使うため、痩せている人は生殖機能に使うエネルギーが不足している状態です。

 

妊娠のために必要なホルモンの分泌が後回しになると、月経や排卵が停止することともあります。
これが、痩せている人が妊娠しにくい理由です。

 

妊娠成立しても胎児に送るエネルギーが不足して発育不全となってしまう可能性もありますから、痩せすぎは妊活の大敵だといえます。痩せている人が妊娠しやすくなるための方法を紹介していきます。

 

妊娠しやすくなる体重は?

妊娠しやすいといわれている体重は、身長(m)×身長(m)×22の計算で出た標準体重です。
例えば、158pの人では、55kgが標準体重になります。

 

肥満度を測ることのできるBMI数値では、「22」が一番妊娠しやすい状態ということになります。
BMIは、体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)で測ることができます。

 

BMI「22」の標準体重は、体の機能が正常に働くことができる一番理想の状態だといえます。妊娠に深くかかわるホルモンもしっかり分泌されることが期待できます。

 

標準体重もBMI「22」も、全世界共通なので日本人女性では痩せ気味の傾向にありますが、できるだけ近づけることで妊娠力は高まります。

 

太りにくいけど太るにはどうしたらいい?

「妊娠力を高めるために太りたいけれど、太りにくい体質でなかなか体重が増えない」という人も少なくないと思います。
痩せ体質の人でも少しずつ体質や生活習慣を改善していくことで徐々に体重を増やしていくことができます。

 

健康的に太るための方法を紹介します。

 

・体を冷やさない
痩せていると、体は冷えを起こしがちになります。エネルギーの循環を良くするためにも冷たい飲み物や食べ物は避けて体をあたためる生活を心がけましょう。温かい湯船につかることも有効です。

 

・三食きちんとバランスよく食べる
太るためには、高カロリーなものを大量に食べればよいと思うかもしれませんね。でも、健康的に体重を増やしていくためにはそれではいけません。一日三食きちんとバランスよく食べることが大切です。

 

高カロリーな脂質ではなくお米などの炭水化物を多めに食べることで、体重を増やすことができます。炭水化物は三食欠かさずに食べる習慣をつけましょう。

 

・筋肉をつける
筋肉は脂肪よりも重量がありますから、体を鍛えて筋肉をつけることも適正体重に近づくための方法だといえます。プロテインを併せて摂取することで効率よく筋力アップすることができますよ。

 

・ストレスを溜めない
ストレスは太るための大きな壁となります。ストレスは食欲不振や拒食症の大きな原因になります。エネルギーが大幅に使われてしまうので、ストレスが溜まっている状態は太りにくい状態だといえます。

 

適度にリフレッシュをして、ストレスをため込まないように気を付けましょう。

 

・睡眠を十分にとる
睡眠中は成長ホルモンが分泌され、細胞が活性化されます。エネルギーの吸収も行われますから、質の良い睡眠を十分にとることは、健康的に太るために必要なのです。

 

また、寝る前に摂取した糖質は寝ている間に吸収されますから、太りたいと考えている人は、夕飯に糖質を多く含む食べ物を摂るようにすると良いでしょう。

 

健康的に体重を増やして標準体重に近づきましょう

BMI「22」の標準体重が最も妊娠しやすい体重です。痩せている人は、標準体重に近づけるように、体重を徐々に増やしていきましょう。
一気に増やすのではなく少しずつ、体質や生活習慣を改善しながら増やしていくのが健康的に太るための秘訣ですよ。

 

妊娠できなくて悩んでいる方はこちらも見ています
妊活向けの葉酸サプリでおすすめなのはコレ!!15商品を比較