妊娠 栄養素

MENU

妊娠したらあなたの食事は赤ちゃんにも影響する!

妊娠したらママの体は自分だけのものではなくなります。お腹の赤ちゃんの為にも食事には気を遣いたいですよね。

 

お酒は飲まないこと、カフェインを控える事などはもちろん、口にするものはできるだけ安全なものにすることやバランス良く栄養を摂ることも大切です。

 

妊娠中に摂取する栄養はあなただけでなく、お腹の赤ちゃんの身体を作るためにも必要になります。そんな赤ちゃんに必要な6つの栄養素を紹介します。

 

元気な赤ちゃんを授かるために必要な6つの栄養素!

■炭水化物

最近は痩せ型で、体系をキープするために炭水化物を減らしている女性が多いですよね。
でも妊婦さんの低炭水化物食は生まれてきた子どもの肥満を引き起こすと言われています。

 

美しさを保ちたいと思うのは女性として当然のことですが、炭水化物は赤ちゃんの発育の源
妊娠中はママとして、子どものために炭水化物もしっかり摂取するようにしましょう。

 

■たんぱく質

たんぱく質は赤ちゃんの筋肉や血液をつくります。
丈夫な赤ちゃんを産むためには欠かせない栄養素ですよね。

 

肉類や魚、牛乳などの乳製品、卵、豆腐などにたんぱく質は豊富に含まれています。
動物性・植物性の両方をバランス良く食べるようにしましょう。。

 

■鉄分

妊娠するとママの血液から赤ちゃんに酸素や栄養が送られるため、
妊婦さんのほとんどが妊娠中に貧血になると言われています。

 

妊婦健診で貧血が分かると、産婦人科から鉄剤を処方されることも多いですが、
普段から鉄分を意識して摂っておけるといいですね。

 

牛赤身肉やレバー、あさり、ひじき、ホウレンソウ
などに多く含まれているので積極的に食べるようにしましょう。

 

■カルシウム

カルシウムはママの体の調子を整えてくれます。
赤ちゃんの骨や歯を形成するのにも必要な栄養素なのでしっかりと摂取しておきましょう。

 

乳製品や小魚、ごま、ひじき、大豆などにたくさん含まれています。

 

■食物繊維

妊娠中は子宮が大きくなることで便秘に悩むママが多いようです。
食物繊維をしっかりとっておくと、便秘防止に効果的です。

 

食物繊維は玄米やさつまいも、改装などに多く含まれていて
腸内環境を整えてくれるので不足しないようにしましょう。

 

■葉酸

葉酸は妊婦さんには欠かせない栄養素です。
特に妊娠初期は、妊娠していない時よりもたくさんの葉酸が必要になるので
サプリメントを利用して摂取している人も多いですよね。

 

葉酸を妊娠初期に摂取しておくことで、
お腹の赤ちゃんの先天異常のリスクを減らすことができます。

 

赤ちゃんの脳や神経を作るほか、ママの動脈硬化の予防もしてくれます。
葉酸はホウレンソウやアスパラなどに含まれていますが、吸収率が悪く、熱に弱い・保存が効かないなど摂取しずらいので、葉酸サプリを利用して摂取するようにしましょう。

 

葉酸サプリを選ぶときは葉酸だけでなく、上記の栄養素も一緒に摂れるものが理想です。

 

葉酸サプリ人気15商品を比較|おすすめの葉酸サプリランキング!!